「リノベーション」と「リフォーム」の違いについて

「リノベ-ション」と「リフォーム」の違いは何かとよく耳にします。同じような意味で使われがちですが使い分けが必要です。
簡単に説明するなら、「リフォーム」はもとにもどす、「リノベーション」は作り変えるということ。

では、両者にはどのような違いがあるのか、具体的な内容、両者のメリットとデメリット、その事例について紹介します。

このページを読めば、リフォームとリノベーションの違いが分かると思います。
リフォームやリノベーションを検討している方へ、参考にして頂けたら幸いです。

リノベーションとは

「リノベ-ション」とは、既存の建物に改修工事を行い、新たな機能や価値を向上させ、付加価値を与え自分好みの空間に作りかえることです。

リノベーションが家づくり・住まい探しのスタイルの1つとして注目されているのをご存知でしょうか?

近年「中古物件を購入し、自分の好きなように手を入れて住みたい」と考える層が着実に増えています。
例えば、床を全面フローリングにしたり、リビングダイニングキッチンにしたりすることなど、間取り、水道管、排水管、など大規模な工事はリノベーションに該当します。

 

リフォームとは

「リフォーム」とは、簡単に言えば古くなった建物を新築の状態に戻すことを言います。

老朽化した浴室・トイレ・洗面などの水回りの設備交換や、バリアフリー工事、外装の塗り直し、壁紙の張り替えなど小規模な工事はリフォームに該当します。

 

 

 

 

 

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションはリフォームとは違い、改修工事によって新たな機能や価値を向上させ自分好みの空間に作り変えられるということをご理解いただけましたか?

もっと「自分らしい住まいづくり」に近づくためには、リノベーションのメリットデメリットを知ることが重要です。

メリット

・自分の好きなように家を設計できる
・新築よりも安い費用で理想の住空間を手に入れることができる
・物件の選択肢が増える

 

 

デメリット

・建物の築年数が長いほど、補修費が必要になることがある
・住むまでの時間が少し長くなることも
・建物の構造の都合で、設計できる限界がある

リノベーションにより、自分が好きなように家を設計することができます。また、リノベーションを前提とすれば、新築と比べるより安く予算を設定できるため、立地の選択肢が広がります。また、古い物件の場合は、補修費が別途で必要になる可能性がある事や、引き渡しまでの間に、建物検査、設計、施工などの作業があり、住むまでに少し時間が掛かります。

 

リフォームのメリット・デメリット

古くなった建物を、新築の状態に戻すことがリフォーム。そんなリフォームのメリットデメリットは次の通りです。

メリット

・住み慣れた家をそのままにすることができる
・工事期間が短く予算も安い

デメリット

・間取りの変更などの大掛かりなデザインの変更ができない

「あまり費用がかけられない」「とりあえず老朽化した箇所だけを直したい」という方なら、リフォームを選択することをおすすめします。また、リフォームは一部分を改修する工事がほとんどなので、工事期間が短いのも特徴です。

 

まとめ

「リノベーション」と「リフォーム」の違いについて解説しましたがいかがでしたでしょうか。

リノベーションは自分らしい住まいを実現するための手段です。

ライフスタイルや家族構成に合わせて自由な空間造りをしてみたいとお考えの方はぜひリプラスへご相談ください。

関連記事

ラウンジ兼用カラオケルーム工事
望湖楼さま日本海新聞掲載のお知らせ
夏季休業のお知らせ
桧創建HP掲載のお知らせ
政経レポート掲載のお知らせ
【7月6日/7日七夕イベント】 リノベーション相談会&短冊に願いことを描いてみよう
半露天温泉付き個室完成
ビール片手にリノベーション相談会開催(予定)