魂注入

コロナも落ち着いてきたので、久々に大阪出張です。

コロナ禍により、2回延期になっていた安藤忠雄氏の講演会に行ってきました。

同氏の講演会に参加させていただくのはこれで2回目となります。

前回、2016年9月18日の高松での講演。

前職時代に悩んでいた私の心に火をつけた言葉。

 

”絶望的な状況でも1歩前へ進め!”

 

この言葉で、当時の私は大変救われました。

 

今回は、当時の自分との成長の比較の為です。

 

今から6年前の自分と、今の自分。

 

取り巻く環境は大きく変化しましたが、建築にかける思いは当時より増すばかりです。

 

そこで、同氏の言葉で、私がいつも奮い立っている言葉を抜粋して紹介したいと考えてます。

業種は違えど、何かに悩み壁にぶつかったとき、皆様の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

関連記事

謹賀新年
tofu入りました!
インテリアの選定
人生はオーバースピードでちょうどいい
完成間近
火入れ
令和3年度宅地建物取引士試験
読書の秋2021