fbpx

読書の秋2021

朝晩はめっきり冷え込んできました。

我が家では早くもこたつが登場するという事態に・・・。

業務は相変わらずですが、秋の夜長ということで読書の秋です。

地元の本屋さんに行き選定しようとしたのですが、建築の本はほとんど在庫なしという・・・。

 

こういう時にはAmazonです!

 

さすがAmazon!

2日で到着するという早業!!

 

まずは、

 

Tadao Ando

 

今回安藤忠雄先生から学ぶことは、建築と人生。

日々業務に追われながらも、もがき・格闘した経験を再度私の中に落とし込みます。

大好きなコシノヒロコ邸(KHギャラリー)が掲載されているとても素敵な本です。

初期の安藤先生のRCの仕上げは格段にかっこいいですね!

セパのめり込み具合が素晴らしく計算されていて、独特の色気(ボリューム)を出しています。

KHギャラリーのホール・ゲストハウスルームの壁仕上げと自然光の取り込みは鳥肌もんです!

 

あ!

すみません。

ついつい専門的なことなかりになってしまい・・・。

 

続いては・・・

ジョルジエット・ジウジアーロ

 

いわずと知れた世界的カーデザイナー!

ロータスエスプリ

デロリアン

フィアットパンダ

ゴルフⅠ

などの世界的名車を世に送り出した、天才工業デザイナーです。

プロダクトデザインも傑作ぞろいで、

ニコン F3

ブリジストン自転車 モンテカルロ

なども手掛けております。

 

”多くの人々が喜ぶもの、それが美だ!”

 

という名言をのこしております。

さてさて安藤先生、ジウジアーロときて、最後を飾るのは、

ドラえもん!!

 

藤子・F・不二雄先生が今から40年前に見ていた未来は、今と比べてどうなのでしょうか?

どこでもドアや、タイムマシーンはまだ世の中にはありませんが、

インターネットを始め、スマートフォンや宇宙旅行と時代は進歩しております。

しかし、デジタル技術が進歩するに従い、人間の心は成長していないような気がしてます。

むしろ退化しているように感じられるのは、私だけでしょうか?

全ての物事に感謝して、自らを律し、世の中に貢献する。

この精神こそ、日本人なのではないでしょうか?

 

 

またまたすみません。

 

だらだらと語ってしまいました。

 

つまり何が言いたいのかというと、

 

自分の仕事に自信と責任を持ち、夢を見ろ!!

 

ということなんです。

夢を見なくなった世代に向けて、私たちができること。

まだまだ、やることはあります!!