火入れ

今年も冬の足音が聞こえてきました。

本日は、久々の早朝出勤に伴い、アラジンストーブに火入れを行いました。

この作業をやり始めて、はや5年。

私が脱サラして会社を起業して、5年目に突入しようとしております。

心ある施主さま、取引業者さま、銀行関係者さま等に支えられながら、がむしゃらに突っ走ってきました。

その間には色々な事がありましたが、やはり1番はコロナ禍の影響だと思います。

 

仕事のやり方も含めて、生活のあり方、生き方そのものを再考するいい機会となりましたので。

 

やりたくない仕事は、やらない!

 

そんな単純な答えを見つけるまでに、5年の歳月を費やしてしましました。

火を入れているのは、自分自身の心に!です。

 

REPLUSの存在価値は何なのか?

 

改めて問いかけている毎日です。

 

 

 

 

 

関連記事

謹賀新年
tofu入りました!
インテリアの選定
人生はオーバースピードでちょうどいい
魂注入
完成間近
令和3年度宅地建物取引士試験
読書の秋2021