少年の大きな決断

息子(小学校5年生)が急にサッカークラブを辞めるといいだした。

子どもながらに、色々と考えての決断。

私がサッカーをしていたことも影響してか、何も言わないのにサッカーを始めた息子。

 

初めて芝生の上でパス練習をしたときには、溢れる涙をおさえることができなかった・・・。

 

話を聞くと、仲の良い良い友達が続々と退部していることや、

幼いころから水泳をしていたので、もう一度水泳をやりたい!

とのこと。

 

普段、家庭のことを何もしていない父親ながらも、息子の決断に感心するとともに尊重することにした。

 

少年よ

 

これからも幾度となく、壁にぶち当たるであろう

 

そのたびに、時に悔し涙をながし 時には仲間と笑い、その壁を乗り越える強さを身に着けてほしい!

 

サッカーは違うクラブで続けたいとのことで、少し安心した自分がいた。

 

サッカーはすばらしい!

 

今の私を育ててくれた、サッカーを嫌いにならないでほしい・・・。

少年のこれからを、そっと見守り続けたい。