上遠野 徹 札幌の家1968

すばらしい!!

今回、見学予約をしていなかったので外観からしか見れませんでしたが、一見でその建物が非常に計算されて

いることがわかる建物。

しかも、建築してからの年数を考えるとよりその素晴らしさがわかる!!

竹中工務店時代に聖ミカエル教会の現場担当をされた、上遠野さんの作品。

コルテン鋼の錆色と赤レンガのテクスチャは、まわりの植栽との相性もよく雪景色でも映えるはずです。

 

鉄・ガラス・レンガ・・・・

ミースのフィリップ・ジョンソン邸を思わせてくれます。

それにこの浮遊感はミースに影響を受けていないとは言えないでしょう!

内部を見学できないのが非常に残念でしたが、ガラス越しに見えたインテリアはセンス良くまとまっていて、

北海道2度目のツアー時には、確実に再トライな建物です。