Q&A

リノベーションについて

リノベーション向きの物件はどんな物件?
価格の観点から見た場合、築年数が15~20年経過し資産価値が安定した物件がおすすめです。 構造の観点から見た場合、強度を保つための壁や柱が少なく、間取りの制限があまりない物件がおすすめです。 築年数は簡単に調べることができますが、構造については知識がないとなかなか判断が難しいところです。 リプラスなら、不動産探しと同時にリノベーションに最適であるかも判定いたします。
デザイン打合せはどの程度期間がかかりますか?
デザインの打ち合わせ期間は、物件の有り無し・物件の広さや間取りによって変動しますが、フルオーダーの場合ですと、毎週打ち合わせでおよそ2ヶ月程度と考えていただければ間違いありません。 お客様に納得いただいた上で施工に入るためにも、余裕をもった日程でお考え下さい。
中古住宅購入からリノベーションまで、まとめて相談できますか?
もちろん相談可能です。リプラスでは物件探しから、デザイン設計、住宅ローン相談、施工までワンストップでご支援します。 不動産会社・金融機関・施工会社にそれぞれ足を運ばなくても大丈夫です。住まいづくりに関して簡潔にわかりやすくご説明いたします。なんでもお気軽にご相談ください。

費用について

リノベーション費用はローンが組めますか?
リノベーション費用もローンに組むことが可能です。 中古物件購入時にリノベーションを一緒に行うことで、リノベーション費用も住宅ローンで借り入れすることが可能です。 ただし、物件購入後にリノベーションをした場合、リフォームローンを利用することとなりますが、住宅ローンよりも金利が高くなるため注意が必要です。 ローンに関するご相談もお気軽にお問合せ下さい。
相談料ってかかりますか?
もちろん無料です。見積りご相談の時点では一切費用はかかりません。お気軽にご相談ください。
リノベーションの場合、設計料はかかりますか?
もちろん必要です。リノベーションには図面が必要となり作成の業務が伴うため設計料が発生します。 リプラスではしっかりとヒアリングを行い、お客様一人一人にあったユニークで新鮮な提案をいたします。
自営業やフリーランスでもローンは組めますか?
自営業やフリーランスでも住宅ローンを組むことは可能です。 住宅ローンは「企業に務めていないと審査が通らない」と思われがちですが、十分な収入・安定した継続収入が得られればたとえ派遣社員の方でも組むことが可能です。 ローンに関するご相談もお気軽にお問合せ下さい。

施工について

耐震性や耐火性を向上させられますか?
もちろん可能です。施工時にスケルトン状態にするため、構造部分の補修や補強をすることができます。リノベーションによって安全で快適な住まいづくりも実現可能です。
間取りは変更できますか?
間取りの変更は可能です。リノベーションはライフスタイルに合わせて、生活動線の改善や使い勝手の良い空間に変えられるのが最大の魅力となります。