30年前は・・・・・

 

ちょうど30年前

私は、日本の反対側の国、 ブラジルにいました。

高校を中退後、単身ブラジルへのサッカー留学。

今のようにネットで情報が簡単に得られる時代ではなく、犯罪率が以上に高い国への恐怖心はありませんでした。

 

ただあったのは、プロサッカー選手になりたいという夢だけ。

 

それだけを鞄に詰めて、飛び立ちました。

 

約1年間で5チームのクラブを渡歩き、世界から見た日本、サッカー界の環境、自分の実力を肌で感じることができました。

誰でもできることではなく、この体験をさせてくれた両親に非常に感謝しています。

当時のブラジルは犯罪率が日本の40倍以上であり、生きて帰れる保証などありませんでしたので・・・・

 

写真のクラブは、kazuこと三浦知良選手も在籍していた、XV de  JAU (キンゼ デ ジャウー)というチームの、

バックスタンド裏での撮影です。

当時、バックスタンド下の部屋に住んでいましたので、試合に負けるとうるさいのと恐ろしいので部屋にいることは

できませんでした。

 

早いものでもう30年。

 

お腹もでてきて、中年化がとまりません・・・・。

 

しかし、何歳になっても何かに夢中で取り組む姿勢は変えたくない!

 

30年前の自分にかたりかけます。