魔法

我が社のスタッフ紹介その1

林 雅子編

我が社に入社してはや2年目の現場監督・設計補助2年生です。

入社面接時は、どこか挙動不審で自分に自信を無くしているようでした。

 

まさに、路上に捨てられた野良猫のような感じです(笑)

 

少しクセ強めでしたが、将来性を見込んで採用を決定!

小さな現場から経験を積み、今では数千万の工事を担当するまでに成長し、

先日は、私が1度もお客様と面会することなく、工事契約を決めてきました!

電話でのやり取りを聞いていましたが、以前より確実にお客様とコミにケーションが取れるようになっている!!

すごい成長です。

 

まさに魔法!!!

 

来年の1級建築士試験に挑むようですので、将来は現場のことに精通した女性建築家(デザイナー)になるべく

日夜と業務に邁進してほしいものです。

 

我が社では普通の設計事務所とは違い、簡易構想・基本構想・設計・設計概算見積り・請負詳細見積り・施工検討・施工図作成

図面作成・確認申請・現場管理・現場監理・資金計画・インテリア計画・アフターフォローなどなどと建築業に伴うすべての業務を

1人で完結します。

 

働かせすぎ??

 

いやいや違います。

これだけの業務を指導を受けながら、させてもらえるだけありがたいのです。

 

密度の濃い職業訓練なのです。

 

鳥取の設計事務所で、現場に精通して 施工単価をはじけて 現場もしっかり管理・監理できる会社が何社あるのでしょうか?

しかも、施工図面は手書きです。

これは、日本モダニズムの父 丹下健三先生の著書″1本の鉛筆から″に感銘を受けているからです。

スケール感のわからない2次元・3次元CADに慣れた現在、手書き図面を馬鹿にする風潮がありますが、

手書き図面には、綺麗さはないですが設計者の熱意、やる気、本気などの熱量が溢れております。

 

迷ったら書け!!

 

まさに私が常に自分に言い聞かせ、スタッフにも何度も言っている言葉です。

近年、素人でもソフトを使えば図面が書ける時代になりましたので、スピードや作業効率は格段に向上しましたが、

その代わりに図面の価値は確実に下がりました・・・。

 

おっと、ついつい話に熱がはいり脱線してしまいましたので戻します。

 

そうなんです。

日々の業務の中で、スタッフの成長が見えると嬉しいのです。

まあ、このブログを書いているのが、朝の3時ですからいったいいつ寝てるんだ?との意見もありますが・・・。

 

スタッフに魔法をかけると同じように、お客様、現場に素敵な魔法をかけて夢の時間を過ごしていただけるように、

日夜励んでおります。